管材商報2022
24/270

パイプ・継手日鉄ステンレス鋼管株式会社ステンレス鋼管■配管用ステンレスパイプ/SUS304サイズ(SU)外径(mm)肉厚(mm)重量(kg/m)結束数(本)旧価格新価格単価/4m単価/4m1315.88 0.8 0.301101,890 2,840 2022.22 1.0 0.529102,860 4,290 2528.58 1.0 0.687103,500 5,250 3034.0 1.2 0.980 54,680 7,020 4042.7 1.2 1.240 55,720 8,580 5048.6 1.2 1.4256,430 9,650 6060.5 1.5 2.20 109,590 14,390 7576.3 1.5 2.791011,920 17,880 8089.1 2.0 4.34517,570 26,360 100114.3 2.0 5.59522,610 33,920 125139.8 2.0 6.87528,060 42,090 150165.2 3.0 12.1245,790 68,690 200216.3 3.0 15.9260,570 90,860 250267.4 3.0 19.8180,000 120,000 300318.5 3.0 23.6196,410 144,620 ■埋設給水配管用ステンレスパイプ/SUS316サイズ(SU)外径(mm)肉厚(mm)重量(kg/m)結束数(本)旧価格新価格単価/4m単価/4m1315.880.8 0.303103,060 4,590 2022.221.0 0.532104,510 6,770 2528.581.0 0.691105,450 8,180 3034.01.2 0.98657,800 11,700 4042.71.2 1.2559,110 13,670 5048.61.2 1.43510,190 15,290 6060.51.5 2.221015,350 23,030 新価格 2021年12月適用■用途例ステンレス鋼管は水道・屋内配管の全てにお使いになれます。区 分用 途ステンレス鋼管対象規格水道施設用*1配水管(水道橋含む)JIS G 3448 JIS G 3459給水装置用*1給水管(配水管からの埋設支管)JWWA G 115屋内配管用*2衛生用給水、給湯、雑排水・中水空調用冷 水(冷房用)JIS G 3448JIS G 3459冷却水(熱交冷却用)温 水(暖房用)冷温水(冷暖房共用)蒸 気(暖房・殺菌用等)消火用消火栓設備(スプリンクラー等)連結送水管プラント用各種流体JIS G 3459*1:通称一次側(メータ前) *2:通称二次側(メータ後)■メカニカル継手管継手接合方式継手名称プレス式プレス式管継手、ダブルプレス式管継手、グリップ式管継手拡管式拡管式管継手ナット式圧縮式管継手転造ねじ式転造ねじ式管継手差込式ワンタッチ式管継手カップリング式カップリング式管継手■各種材質・部材との接続時の絶縁について表1.各種材質との関係(ステンレス鋼管との接続の場合)○絶縁処理不要 ×絶縁処理必要用途接続相手の材質鉄*1銅・青銅黄銅耐脱亜鉛 黄銅*2アルミ樹脂ステンレス給水管×○×○×○○給湯管×○×○×○○冷却水管*3×○×○×○○冷温水管*3×○×○×○○消火管*4×○×○×○○*1 ライニング管を含みます。 *2 絶縁要否は伸銅協会にお問合わせ下さい。 *3 冷却水、冷温水のクローズタイプでも、現在の設備では補給水が必須のため。 *4 乾式消化管の場合は、水圧テスト後、水が抜けきらない事例があり、この場合、酸素の供給があるためガルバニック腐食の可能性があります。   湿式消化管の場合は、”密閉状態”となり酸素の供給がないためガルバニック腐食の可能性は小さくなります。表2.各種部材および配管状態との関係接続相手の部材と環境配管水栓金具継手バルブポンプ槽類支持金具壁貫通部埋設部絶縁表1の通り表1の通り表1の通り a)表1の通り a)×b)×b)×b)×c)SUS316,SUS315J1,SUS315J2d)注:a 接水部分がゴムであって、本体が水に触れない構造の継手やバルブ(弁棒・弁体がステンレス)は、絶縁処理は不要です。 b 建設躯体、電気機器他機器類との絶縁処理を実施し、外部短絡回路がないようにするための処置です。 c 建設躯体との絶縁処理、および貫通部で万一鉄筋に触れた場合、結露ほかの原因による外面でのガルバニック腐食を防止するためです。 d 裸埋設の場合、土壌腐食が重要な要因となり、腐食環境としては厳しい地域が存在するため、原則としてSUS316、又はSUS315J1、SUS315J2のご使用をお勧めします。 銅や青銅でも腐食の発生(ガルバニック腐食を含む)の可能性が高くなります。施工上の都合等で、埋設配管をSUS304で実施する場合、裸埋設では地域によって腐食が発生するため、防食テープやポリエチレンスリーブ等で土壌との接触を防止して下さい。8

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る